« 「女性異変は5時台」 立件恐れ?当初供述を変更 押尾容疑者(産経新聞) | トップページ | 女性物Tシャツにも血痕=ATMの男、上申書提出−経緯解明へ・千葉大生殺害放火(時事通信) »

2010年1月 9日 (土)

成人の推計患者数が増加―新型インフル(医療介護CBニュース)

 インフルエンザの患者が成人で増加した。昨年12月21-27日の週の推計患者数は、全体で前週から7万人減の100万人だったが、流行の中心である未成年の推計患者数が15.8%減ったのに対し、成人の推計患者数は逆に12.5%増えた。厚生労働省が1月7日の記者会見で明らかにした。患者のほぼすべてが新型とみられる。

 厚労省によると、推計患者100万人を年齢別に見ると、20歳代が前週から3万人増の15万人、30歳代が1万人増の10万人で、40歳代以上は横ばいだった。
 一方、未成年は0-4歳が2万人減の14万人、5-9歳が6万人減の22万人、10-14歳が3万人減の16万人、15-19歳が1万人減の12万人と、すべての年齢層で推計患者数が減った。
 推計患者に占める未成年の割合は64%と依然として高いが、前週の71%より7ポイント減った。

■沖縄で流行が再燃
 この間のインフルエンザ定点医療機関当たりの患者報告数は19.63で、前週の22.44より2.81ポイント減った。しかし、健康局結核感染症課の中嶋建介・感染症情報管理室長は会見で、過去10年のピークを見ると、2000-01年の10.59などを上回る値だと説明し、「いまだに流行の真っただ中にある」との認識を示した。

 その上で、定点当たり報告数を都道府県別に見ると、9県では増加していたと指摘。特に沖縄は、8月17-23日の週に46.31になるなど、他の都道府県に先駆けて流行を迎えたが、前週の26.07から43.40に大きく増加しており、「少し再燃している」との見方を示した。
 中嶋室長によると、沖縄は8月の流行では20歳代が流行の中心だったが、11月中旬以降は他の都道府県と同じく14歳以下が中心という。中嶋室長は「感染していない子どもが感染すれば、再流行は十分起こり得ることだ」と注意を呼び掛けた。


【関連記事】
インフル定点報告、4週連続で減少―10週ぶり20未満に
人口の10%以上が感染―2009年重大ニュース(1)「新型インフルエンザ」
インフル患者、20歳代以下で減少−感染研
15歳未満、より早い経過で死亡―新型インフル
沖縄の新型インフルピーク時の対応を報告―厚労省研修会

プライマル
2000年入社の会
債務整理無料相談
債務整理
パチンコ攻略

« 「女性異変は5時台」 立件恐れ?当初供述を変更 押尾容疑者(産経新聞) | トップページ | 女性物Tシャツにも血痕=ATMの男、上申書提出−経緯解明へ・千葉大生殺害放火(時事通信) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1313324/32918166

この記事へのトラックバック一覧です: 成人の推計患者数が増加―新型インフル(医療介護CBニュース):

« 「女性異変は5時台」 立件恐れ?当初供述を変更 押尾容疑者(産経新聞) | トップページ | 女性物Tシャツにも血痕=ATMの男、上申書提出−経緯解明へ・千葉大生殺害放火(時事通信) »