« 教員免許発給 刑罰歴審査、厳格化へ 都教委、公的証明書提出求める(産経新聞) | トップページ | 成人の推計患者数が増加―新型インフル(医療介護CBニュース) »

2010年1月 8日 (金)

「女性異変は5時台」 立件恐れ?当初供述を変更 押尾容疑者(産経新聞)

 元俳優の押尾学容疑者(31)による保護責任者遺棄致死事件で、飲食店従業員、田中香織さん=当時(30)=の異変が始まった時間について、押尾容疑者が事件直後の調べに、「午後5時台後半だった」という趣旨の供述をしていたことが6日、捜査関係者への取材で分かった。押尾容疑者はその後、異変の覚知時間はもっと遅かったと供述を変えたが、警視庁捜査1課は、押尾容疑者が田中さんの死亡をめぐって立件されることを恐れ、途中から虚偽の説明をするようになったとみている。

  [フォト]押尾容疑者と同じ部屋にいて遺体で見つかった女性の遺影 

 捜査関係者によると、押尾容疑者が「午後5時台後半」と説明したのは、昨年8月の1回目の逮捕となったMDMAの使用容疑での取り調べだった。その後、田中さんが死亡した経緯について詳しく聴かれると、押尾容疑者は「異変が始まったのは午後6時半ごろ」と供述を変遷させた。

 さらに「(田中さんの)容体が急変して死亡し、救命措置をする時間はなかった」と保護責任者遺棄致死の容疑を否認。田中さんは午後7時ごろに死亡したとみられる。

 また押尾容疑者が過去に、複数の女性に「気持ちよくなるから」などとMDMAを勧めていたことも判明。押尾容疑者は女性にしつこく勧め、中には飲んだふりをして、MDMAを捨てた人もいたという。

【関連記事】
押尾容疑者、薬物使用「断ると怒る」 複数女性が証言
押尾容疑者、異変直後通報なら救命可能性は8割以上 警視庁推定
押尾容疑者、10年服役も…容疑否認のまま3度目逮捕
押尾学再逮捕 「異変から1時間」重視し立件
田中さん母「警察の方に感謝」 押尾学再逮捕で

k1g8yvjvのブログ
意味深な話
クレジットカード現金化
ショッピング枠現金化
債務整理・自己破産

« 教員免許発給 刑罰歴審査、厳格化へ 都教委、公的証明書提出求める(産経新聞) | トップページ | 成人の推計患者数が増加―新型インフル(医療介護CBニュース) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1313324/32901627

この記事へのトラックバック一覧です: 「女性異変は5時台」 立件恐れ?当初供述を変更 押尾容疑者(産経新聞):

« 教員免許発給 刑罰歴審査、厳格化へ 都教委、公的証明書提出求める(産経新聞) | トップページ | 成人の推計患者数が増加―新型インフル(医療介護CBニュース) »